スポンサーリンク

好きな仕事をやろう

久しぶりの更新になります。

この間、再就職したはいいが初日に骨折というやらかしをしてしまい家事が大変になったのと、またまたトラックが遠のいてしまい落ち込んでおりました。

さて、骨折はあまり関係がないかも知れませんが今回のその一件をキッカケによくよく考えてみたことがあります・・・。

運送会社はごまんとあるけれど、業務も乗るクルマも会社のシステムも様々であるということは以前の記事で少しお話ししました。

その中から、何を基準に自分が働く運送会社を決めたらいいのか。

必ずしもお給料が安定してる大手がいいのではないことを今回個人的に痛感したので、そのことを書こうと。

自分にとっての優先順位を建前なしで本音で自分と向き合って考えることが必要だと、今回改めて思いました。

上郷SAのタイル

上郷SAのタイル
©︎TAKAO

TAKAOは最近、某大手路線屋さんに応募して採用されたんですけれども、面接で聞いていたのと実際にやる業務が違うというのは良くある話。
その中でも、自分がトラックに乗りたい理由・・・愛車とともに楽しく働きたい、という希望に今回の会社は全くそぐいませんでした。

いわゆる路線屋さんはどこも似たようなところがありますが、今回受けた会社はちょっと特殊でした。
トラックは毎日違う車両(普通は路線屋さんの乗り回しと言ってもある程度は固定しています)、カーテンも寝台もない地場の仕事、そこまではまぁ予想の範囲でしたが・・・そこに大手ならではの「人目を気にする縛り」、・・・。話には聞いていて納得して始めたけれども実際横乗りで業務を教わり始めてみると、クラクションさえ禁止ですので友人とスライドした時にスラッパも鳴らせません。
また、特に車両の傷み方がひどく、従業員がトラックに愛着を持っていない点が気になりました。
それと休憩待機時間の質の悪さ・・・運賃に関係ない日給制なのですが、間に2時間も待機時間があるのに寝台もカーテンもない上ハンドルへの足上げすらも喫煙も飲食も禁止、休憩所もプライバシーもなしでその時間分の給料はカットなので1日10時間拘束で日給1万円いかないのです。
路線屋さんの仕事は2社くらい経験ありますが、そんなもんだろうとイメージしてたら大違い。面接時の人事の話とも違いました。

また、大型長距離一般の募集を見て入ったのに、1年は4tで集配とのこと。
先輩ドライバーみなさん「仕事が簡単で楽なので安いけどやめられない、入れてよかったね」と仰るのですが、TAKAOにとっては楽さは二の次だったとこのとき悟りました。

始めてみて、「これ何か違う・・・自分がやりたい仕事じゃない」と思ってしまったのです。

こういうこと、意外と皆さん経験してるはずです。
そんなワガママが通ったら世の中苦労しないとか、どんな仕事だって大変なことはあるんだからそんなことで辞めるのは堪え性がないとか、家庭を持つ自覚がないとか、いろいろ批判する人がいるから仕方なくいまの仕事をしている人も多いのではないでしょうか。
そういう声を聞くと針のムシロです。でも・・・。

今回この仕事をやってみて一番ショックだったのは、先輩ドライバー皆さんトラックや道具を全然大事にしていないことです。
トラックに傷がつこうが御構い無しで急いでもいないのにラッシングベルトやラッシングバーなどをぶん投げるのでトラックは傷だらけ。いくら乗り回しと言ってもさすがにこれは酷いと思ってしまいました。
TAKAOひとりが大事にしても、何十台もある車両を毎日乗り換えるのですから不毛な話です・・・。

それで、その違和感をきっかけにTAKAOは自分で「どんな仕事が本当にしたいのか」を真剣に考えるようになりました。

トラックの仕事に戻りたくて戻りたくて、乗れればなんでも後のことは我慢しよう・・・そう考えてしまったのも間違いの元だったのです。
妥協せず、もっと自分がどんな仕事をしたいのかイメージをしっかり作ってから求職すべきでした。

TAKAOは本当は長距離をやりたいのです。ずっとやって来ましたから。
身体を壊してもう長距離はムリだと思ったけれど、やっぱりやりたいのは中距離〜長距離である程度走りごたえのある仕事というのが本音でした。
そして、トラックの中で昼夜を過ごしていましたから、トラックは仕事の相棒であると同時に自分の大切な癒しの部屋であり、自分の一部のようになっていました。夜、カーテンを閉めたトラックの室内で過ごす自分だけの時間がとても好きだったのです。

くつろぎの運行終了後

くつろぎの運行終了後
©︎TAKAO

そして、タバコとコーヒーと音楽さえあれば、体調が良かったかつてのTAKAOはどこまででも走れるのが取り柄でした。

この楽しみがないとなると、当然モチベーションは下がります。

そう薄々自覚はしていたのに、何故路線屋さんに入ったかというと、週に数日のパートを募集していたからです。
線維筋痛症を患ってから、神経痛の薬を飲むこと2年。その間に薬の副作用で体が重くなるほどむくんでしまい体力や腕力も落ち、痛みが出なくなってからもとても1週間フルの会社にいきなり就職するのはムリだと思いました。
それでも、どうしてもまたトラックに乗りたくて、ずっと週数日の大型の仕事を探してやっとたどり着いたのがその路線屋さん。
でも、TAKAOにとっては「ラクなことが一番」ではなかったのだとそのとき初めて気がつかされました。

世間一般的には、大手で福利厚生が手厚く仕事もラクな会社に就けるのは最高の幸せのように言われていますが、必ずしもそうではなかったんですね。

みなさんはどうでしょうか。

お給料がいいところなら他のことは我慢出来ますか?
零細企業でもトラックを飾れる方がいいですか?
福利厚生が手厚くなくても、自由な雰囲気を重視しますか?
規則が厳しくても荷役が楽な会社がいいですか?
コンプライアンス遵守で給料頭打ちの会社と、稼げるけどブラック運行の会社とどちらがいいですか?
トラックがボロくても、自分でも整備しなくていいならその方がいい?

それは、皆さんそれぞれだと思います。
就職前にその辺を煮詰めておいて、面接段階でリサーチして妥協出来なそうならどんな大手でもどんな給料が良くても断る勇気も必要です。
TAKAOが今回受けた会社だって、所帯を持っている人やサラリーマン的に安定して稼ぎたい人だったらうってつけの職場なのであって、そこに文句を垂れている訳ではありません。

TAKAOは給料より安定性より毎日家に帰れることより、トラックに乗ることを楽しめる会社が向いていた・・・そのことに今更ながら気付かされたというだけです

持っているスキルによっては、なかなか受かるだけでも大変な業界ではあります。
即採用してくれるところほどブラックだという通説もあります。
でも、就職に向けて肝心なのは自分の希望をしっかり決めておいてブレさせないことなのだとTAKAOは今回のことで改めて思いました。

どうか皆さんが楽しく働ける希望通りの職務に就けることを願って、今回の記事を書きました。

さて、TAKAOはどうしようかな。
骨折の治療にまだ2ヶ月ほどかかり、何れにしてもそれまでは万事休すです。

雨の日の430休憩

©︎TAKAO

コメント

  1. なお より:

    はじめまして。ハルさんからのリンクでTAKAOさんのブログを知りました!!たまになる記事がいっぱいですし生きる力を分けてもらっている感じです(^^)!!ありがとうございます。

    私、50歳を目前に大型トラックに乗りたいがために転職活動をしている者です。中でもタンクローリーに乗りたいと昔から思っていまして、未経験者募集!!という求人に惹かれ来週2件面接を受けることになっています。

    過去に運送会社で4トン車に乗っていたことはあるのですが、なんとも25年前のことです(ノД`)

    こういう私ですが、雇う方は私みたいな大型トラック未経験の者が面接に来るのも実のところ迷惑だと思っているのではないかと面接を前にして不安になっています(゚o゚;;。

    でも、求人広告では年齢不問、未経験者歓迎と書いてあったし、面接まて受けてくれるし、でも実際のところどうなのかなぁ?と思っています。

    TAKAOさん、こんな状況の甘ーい考えのおじさんですが、実際のところどうなのでしょう。

    取り敢えず面接に向けて体調整えていきます!!

    • takao より:

      ブログをご覧いただきありがとうございます!
      最近自分が怪我をしたため現役復帰が先送りになり、更新頻度が落ちていますが大変励みになるコメントありがとうございます!
      大丈夫、大型の運転は気をつけるポイントさえ分かってしまえばすぐ慣れます。
      問題は荷扱いや時間の縛りですね。
      先輩ドライバーによく教えてもらって頑張ってくださいね。
      応援しています!

  2. なお より:

    TAKAOさん、その後骨折の具合はいかがでしょうか?ブログの更新を待ち望んでいる者の1人として早く御快復され愉快なイラストとトラック愛に溢れた記事をお目にかかりたいです(^ ^)

    ご報告になりますが、8月から某タンクローリー(石油関連製品の輸送を請け負う会社)会社に転職が決まりました。最初は机上の研修それから横乗りで冬場から大型に乗れるのではないかと思っています(楽観すぎますかね)。今は交通危険学や交通心理学の本を読んで安全運転についての知識を詰め込んでいる最中です。

    体もあちこちガタがきているので医者に通って悪いとこ発見したり自分で筋トレやストレッチをしてドライバーになるための体づくりをしています。

    TAKAOさん、早く良くなられてブログ更新されるのをお待ちしていますね!!ご報告でした。