スポンサーリンク

「カーズ2」のネタバレ見どころと解説!メーターのスピンオフ、スパイもので大活躍!

クライマックスのイギリス戦とラスト

次なる会場ロンドンに運ばれる最中、メーターが見ていた悪夢は・・・。

今までに自分がしてきたこと、それが恥ずかしいことだったと気づいて皆に蔑まれ失笑され、おどけ顏でドラを叩く道化になる自分の姿でした。

メーターの悪夢

メーターの悪夢
©Disney/Pixar

そう、まさにあの東京でのレセプションで叩かれていたドラです。
「ボワ〜〜〜ン、ボワ〜〜〜ン、ボワ〜〜〜ン・・・」

気がつけばメーターはビッグ・ベン(ロンドンの時計塔)の中に吊るされ、フィンとホリーは時計のギヤにくくりつけられていました。
この辺り、「カリオストロの城」を思い出す人も少なくないでしょう。時計の針が進むたびに、フィンとホリーは噛み合ったギアに近づき、やがて潰れてしまうようにされたのです。
ここで初めて、メーターの話を聞いてスパイでもなんでもないただのレッカー車だと2代のスパイたちは気がつきます。
自己嫌悪に陥っているメーター、シリアスです。

メーターがラジエータースプリングスに戻っていないことで、留守番していたサリーやラモーン、フロー、レッドもロンドンの会場に駆けつけます。
この時のラモーンがなんとユニオンジャックカラー。

ユニオンジャックペイントのラモーン

ユニオンジャックペイントのラモーン
©Disney/Pixar

アクセルロッド卿はわざわざマックイーンに挨拶に来て「アリノールで勝ってほしい」と。
イギリスの女王(多分エリザベス女王がモデルのロールスロイス)の合図でレースが始まります。
グレムたちが例のカメラでマックイーンを狙うも、マックイーンはなんともありません。「壊したな!」「俺なんにもやってないって」と言い争うグレムとエーサーがおかしいというか可愛げがあるというか。

教授から予備の作戦でいくと指示を受けた2台は、マックイーンのピットの爆弾を投げ込むと言って立ち去ってしまいます。
どうにか頭を使ってロープを切るメーター、ホリーとフィンの勧めで会場へ急ぐことに。ホリーとフィンもスパイならではの道具でギヤから抜け出しましたが、そこにあったものは・・・。
簡単に逃げられたワケだ」。

メーターのエアクリーナー

「拾ったらメーターに返して」ですと!
©Disney/Pixar

なんと爆弾はメーターのエアクリーナーとすり替えて取り付けられていたということ。
なんだい、この「拾ったらメーターに返して」とは〜。イギリスらしい皮肉でしょうか。

ヤツらの作戦通りメーターはマックイーンのピットに行きますが、そこで自分に爆弾が仕掛けられていると判明、懐かしがって追いかけるマックイーンを振り切るためにバックでコースに乱入!
射程距離から外れていくためザンダップ教授は爆破スイッチをなかなか押せません。やっと押そうと思ったらメーターがアフターバーナーを使ったため圏外に。ヒステリーになったザンダップ教授、何回押したって無駄だよ・・・。

圏外なのに爆破ボタンを押し続けるザンダップ教授

何回押してもムダムダムダ
©Disney/Pixar

逃げるザンダップ教授、グレムとエーサー。
グレムとエーサーはホリーの攻撃でバーに突っ込み、店ばかりか客の飲んでるビールをメチャメチャにし店にいたトラックたちにボコされます。

バーに突っ込んだグレムとエーサー

バーに突っ込んだグレムとエーサー
©Disney/Pixar

グレムたちにビールまみれにされたトラックたち

グレムたちにビールまみれにされたトラックたち(怒)
©Disney/Pixar

ところで爆弾は・・・ザンダップには解除できません。何故なら音声認証で、例のまだ誰だか解らない黒幕の声じゃないとアンロック出来ないのです。
しかも音声認証に失敗するたびに残り時間が1分減っていきます。
ホリーがイヴァンの時と同じ技でザンダップを気絶させ「こいつホントにムカつく」。
ここへペッパー組織集結、「簡単なことだ、爆発させろ

ここでメーターが名演説を。
この時の言葉が、ぐっさんの名演もあって「カーズ2」を味わい深いものにしています。
「君たちの気持ちすっごくよく分かるよ。俺だって昔から笑いものだったからさ。でもどんなに権力があっても、お金持ちになっても、それで満足ってことないでしょう?」

J.カービー・グレムリン

メーターの言葉に聞き入るペッパー組織のお偉いさん、J.カービー・グレムリン
©Disney/Pixar

一旦はそれに聞き入る彼らですが、それでも抵抗しようとするのでレッドが背後から水をぶっかけ吹っ飛ばし、ホリーとフィンはスパイならではの技で一度に数台をやっつけ、グイドはタイヤを外す技、フローはメッキリップの熱いキッスで相手の目を眩ませ、シェリフがタイヤ留めを。
イヴァンにはメーターが日本で覚えた空手技でレッカー同士の対決!
ラモーンは吹っ飛ばされてきたクルマを変な塗装に塗ってしまいます。
ピットクルーとして以外にも、ラジエータースプリングスのパーティーはそれぞれの技で強かった!
逃げる連中を取り囲んだのはサージの旧友、イギリス軍のジョシュ・クーラント伍長率いる軍隊。

しかしメーターのエアクリーナーケースにはまだ爆弾が!
グイドが外そうとしますがレンチが合わない・・・そこで誰が黒幕かひらめいたメーター、アクセルロッド卿も同席しているロイヤルファミリーの観覧席にマックイーンを連れて吹っ飛びます。
女王様は何が起きたかご存じない様子で、「誰が勝ったの?」とニコニコ。

イギリスのロイヤルファミリー

イギリスのロイヤルファミリー
©Disney/Pixar

さてラスボスは・・・。

爆弾がウィットワース規格のボルトで取り付けられていたこと、電気自動車にしたと言っておきながらオイル漏れを自分のせいにされたことなどから、黒幕はアクセルロッド卿だとメーターは主張。
言いがかりはよせと言いつつ逃げ場がないアクセルロッド卿、「なんなんだお前は解除!
この爆弾解除のシーンが笑えます(^^)

顔文字つき、爆弾解除メッセージ(^^)

顔文字つき、爆弾解除メッセージ(^^)
©Disney/Pixar

つまりアリノールのキャンペーンから爆破事故まで、全部彼とペッパー組織の自作自演だったということ。

これを暴いたメーターは女王陛下から名誉騎士号を拝領することになりました。
マックイーンに肯定してもらい、事件解決で自信を取り戻したメーター、いつもの調子に戻って近衛兵を笑かそうと頑張りますが「笑ってはいけない」彼らなので・・・相手にされてない様子。でもやっぱりこういう方がメーターらしくてカワイイ、プププ。

近衛兵を笑かそうとするメーター

「笑ってはいけない」職務
©Disney/Pixar

相変わらずのメーター、女王陛下にまでタメグチ。
騎士なんて、ただのメーターでいいよ、陛下。メーター卿なんてやめてよね

しかしこの時点で同席して女王陛下にメーターから紹介されたスパイのフィンもホリーもマスコミ等に面が割れてるんじゃないでしょうか。

ラジエーター・スプリングスではメーター卿の看板も立てられ、帰って来たメーターは町の住民たちや旅行者に武勇伝を披露。
あれ?どっかで見た夫婦が話を聞いてますね。帰れなくて居ついたのか、また来てくれたのか。ミニーが色変わっているので、住民になってラモーンにオールペン(全塗装)してもらったのかもしれないですね。最初は信じなかったバンも、ホリーが現れると下種な勘ぐりを。

何故かラジエーター・スプリングスにいるミニー&バン夫婦

何故かラジエーター・スプリングスにいるミニー&バン夫婦
©Disney/Pixar

そこへホリーとフィンが登場、皆んなに紹介するも本当は正体がバレてはいけないスパイの2台はちょっと困惑気味。でも、ルイジがメールを送ったので来てくれたというわけ。
それをごまかすためもありホリーは自らメーターの彼女であると宣言。
ホリーのボディにはメーターがつけた凹みという宝物が。
フローとラモーンの申し出を断り、凹みはそのままにしておくというホリー。
それはともかくこの時のレインボーグラデのラモーン、素敵ですねえ。

ホリーの修理をしてあげようとした2台

この日のラモーンめっちゃ綺麗
©Disney/Pixar

ところで電磁波を浴びたアリノール入りのマックイーンは何故ブローしなかったのでしょうか?
ぽわ〜ん・・・」という間の抜けたBGMと共に、フィルモアが普通の燃料とすり替えていたことを告白、しかも手柄はサージに。
最後のアクションシーンで唯一登場がなかったフィルモアですが、こんなところで協力していたとは・・・(笑)

実は活躍してたフィルモア

実は活躍してたフィルモア
©Disney/Pixar

今回のレースのイベント再戦、ラジエータースプリングスGPも行われます。
マスコミも優勝カップもない、こういうレースが好きなんだ
そこでマックイーンとベルヌーイは意見が一致。
ベルヌーイにサリーを紹介すると、「確かにマックイーンは世界一運のいい男だ」と2台の顔を立て、マックイーンも作ってみた「カッチャオ!フランチェスコ」のステッカーを見て面白がり、友情もできた様子。
オープンホイールもやってみろよ。いいもんだぞ」。
この2台、ジョーと力石みたいなもんかな?

レースではみんな楽しそう!
特にフランスのラリーカー、ラウールは舗装路コースでもわざとはみ出してダート部分を走ります。
ベルヌーイもダートを少しは走れるようになった様子。

ところでフィンとホリーは次の任務のため帰らなくてはなりません。
別れを惜しみつつ、ちょうど1作目でテックス社長がマックイーンに言ったように、フィンは「我々に何かできることがあれば・・・」と。
かくしてメーターはアフターバーナーをもらい、またもや郊外で故障したオーティスを残像しか残らない速さで引っ張ります。

アフターバーナーでレッカーするメーター

アフターバーナー付きのメーターにレッカーされるオーティス君
©Disney/Pixar

スタンレー像はクルクル回るしレース観客の荷物もぶっ飛び、そのスピードはコーナリングでもレースカー以上、ベルヌーイもビックリ。

さて、ここで諜報員専用機がウインクして去り、今回の物語は終わりです。