スポンサーリンク

クリスマスシーズンに行ってみよう!新東名高速道路 SA ネオパーサ静岡

上り施設
ココでのおすすめは、まず何と言ってもココでしか食べられないわさび丼(通年食べられます)。

他にも静岡ならではの丼物は食べられますが、ワンコインかつオンリーワンのメニューはこのわさび丼だけです。
フードコートではなくレストランでもなく、お土産コーナーのレジで販売しているのでちょっと分かりにくいかも知れません。(後で調べたら、多分静岡マルシェっていうお茶メインの物販コーナー)
レジで注文すると、テイクアウト弁当みたいなプラの器に盛られた丼飯がお盆に載ってサービスの掛川茶と一緒に出てくるスタイルで、そばにカウンター席があるのでそこで食べるのがお手軽で良いです。
お馴染みのテンジンヤさんも隣にあるので、TAKAOはおでんを数品買って付け合わせに頂きました。
だって、ご飯にわさびだけ、っていうシンプル過ぎるメニューなんですもの、物足りなくなると最初は決めつけていて…。

実際は、ご飯にはマグロ節が一面に載せられていて、わさびは小さいけど何と生の本わさびが1本付いて来るので意外と見映えもします。

わさび丼、このセットで500円。

わさび丼、このセットで500円。
©TAKAO

陶製のブツブツのおろし器でわさびを擦って、ご飯に載せて醤油を垂らして食べます。

このブツブツタイプのおろし器で擦ると、わさびがネットリ細かく擦れて香り立ちが良いみたい。
そう言えば某グルメ漫画に、わさびは鮫皮のおろし器で擦るのが良いって書いてあったなあ。そこまで細かくないけど、鉄のギザギザのよりは良いんだろうな。

さて、何と言っても殆どわさびの味と香りだけが頼りのご飯ですんで…当たり前ですがわさびの香りがよく分かります!うーん、わさびだけってこんなに美味しいのね。鮮烈で爽やかで、ご飯が進みます。しかもやっぱり醤油とはベストコンビ。

こうやって食べます、わさび丼。

こうやって食べます、わさび丼。
©TAKAO

もちろん辛いですよー。
泣きながら食べる覚悟で、ティッシュは用意して挑んでください。

でもね、食べ終わると、「身体にいいもん食べた!」っていう満足感がすごくあるんですよ。なんか、食後感が爽快で。500円で白飯とわさびだけ!?って思うと思うけど…。
辛くて少しずつしか食べられないしご飯噛んで刺激を和らげようとするせいでゆっくりよく噛みますしね。涙が出ればドライアイに良く目のゴミも流れるし、鼻水出るのも鼻の粘膜がきれいになる。わさびの栄養価以上に、身体にいい効果は絶対あったと思います。
おでん、要らなかったかもと思いながら全部食べて、美味しく頂けましたけど(笑)
どんだけ欲張りなんでしょう、TAKAOの胃袋(^_^;)

わさびはおろした瞬間から辛味が飛んで行くので、ひと口目が辛くてムリ!と思っても、一度に多めに擦ってご飯に載せておくとふた口目以降は辛味が和らいでいます。
擦りたてのあのつーーーーん!を味わうご飯なので、あんまりお勧めしていい食べ方ではないですけど、ギブアップする前にわさびの持つ独特の味や香りも楽しめるし、飽きずに食べ終われますよ。


下り施設

そうそう、ネオパーサ静岡の下り側施設にはガンダムグッズの店STRICT-Gがございます。

STRICT-G

STRICT-G
©TAKAO

上りは自販機のみのようです。

一昨年のクリスマスシーズンにちょっと覗いてみたら、ザクがサンタになってるクリスマス限定柄のガンダム手ぬぐいが売ってたり、ディスプレイの等身大ガンダムが帽子とマフラー着けてたり、なかなか楽しめました(^o^)

サンタのコスプレガンダム

サンタのコスプレガンダム。
帽子かぶってるだけですが。
©TAKAO

そもそも通年販売の静岡限定の手ぬぐいでも、茶畑と富士山をバックにザクとガンダムが空中戦っていうシュールな絵柄(笑)
お茶が爆風で香ばしいほうじ茶になってそうです。
いつか話のネタに買って帰ろうと思いつつ、赤いシャアものを物色したけど…お小遣いたっぷり持ってないと利用は厳しいというのも正直な感想でした。
ちなみにこちらにも自販機があり、営業時間外でもTシャツ等は買えるみたいですよー。

それとね、地方SAがどこも売りにしている「地サイダー」。
これも面白いものがありましたんで画像アップしときます。

わさびらむねと静岡いちごサイダー

わさびらむねと静岡いちごサイダー
©TAKAO

ローズサイダーと塩サイダー

ローズサイダーと塩サイダー
©TAKAO

ローズサイダー塩サイダーいちごサイダーわさびサイダー。比較的どこにでも売ってるヤツですが、ローズ味は珍しいかも。
TAKAOは炭酸飲めないので知人にあげたところ、いちごサイダーは合成香料じゃない本当のいちご味で美味しいと言っておりました。