スポンサーリンク

現行いすゞGIGAレビュー!

いすゞのギガ、昨年フルモデルチェンジしましたね!
※今回の記事は、自分の別ブログの現行ギガフルモデルチェンジ当時の記事からのリライトです。

いすゞGIGA 低床4軸ドライウイング

いすゞGIGA 低床4軸ドライウイング
引用元:いすゞ公式サイト
http://www.isuzu.co.jp/product/giga/gallery/index.html

目次
インテリア
エクステリア
走りの性能
さて、それで実際乗ってみました
総評

まだまだ走っている旧型は、もう20年も前の基本設計なのに根強い人気でした。
ひとつにはお値段(値引き率)のせいもあったかも知れませんが、確かにTAKAOの経験の中で当たる率が高かったのでそう思ってます。
陸送では各メーカー新旧いろいろ乗ったけど、TAKAOが自分の車両として受け持った大型は4軸低床ウイングのギガ2回、高床の旧プロフィア、トラクタが旧旧旧(笑)ドルフィン…と、経験として半分はギガなのでした。

いすゞGIGA 旧型

いすゞGIGA 旧型

でもねーやっぱり設計古い!とはだいぶ前から思ってたんですよ。
だってTAKAOがトラック乗り始めた頃から基本設計変わってないんですよ。

ふそうもUDもみんなハイキャブになったのにギガだけひと回り小さく見えるのもいま2いま3くらい不満だったですが(ギガって名前なのに。日野のテラ(ヴィ)の方がやっぱり上だったの!?笑)、シートが疲れやすいのと車内の収納が少ないのと、いかんせんメーターパネルやダッシュボード、コンソール等のデザインが古臭く使い辛くチープに感じるのも不満でした。
ちょっと過積載させられるとかなり非力な感じしましたしね。去年まで働いてた会社はブラックではないので定量の仕事しか無く不便はあまり無かったですが。

エンジンの静かさはピカイチだし寝台広いのは好きなトコでした。

さてさて新型になって、どうなったのやら…?
もうだいぶ普及してるようですが、お乗りの皆さま、どうでしょうか?

※前半部分の情報源についてはメーカーサイトのみです↓
http://www.isuzu.co.jp/product/giga/index.html

エクステリア

去年の正式発表の前に、試作車の画像がネットにアップされて「だっせぇ」などとつぶやかれていましたが、TAKAOは好きです。デザインは好みの問題ですが、TAKAOは現行UDのもっさり丸い感じが苦手なので、スーパーグレートとグランドプロフィアの美しさには敵わずとも好感度ありです。
実際に売れて走ってるのを見ると、メッキ映えして迫力が段違いになりました。

うーん、ひと言で言うと、他メーカー3車より硬派で質実剛健な感じ。どーんと四角くゴツくて繊細さは無くて(笑)、昔のUDみたいなストイックな雰囲気。雰囲気だけね。
先行してかなり前にエルフやフォワードがあのデザインコンセプトの顔になってたので、特別ビックリもしませんし。
最初に現行エルフを見たときは笑っちゃいましたがね(^^;;
子どもの描いた交通安全ポスターみたいな四角過ぎるファニーフェイスで…。でもそれが、TAKAOもいっとき乗ってましたが見慣れると可愛らしくて(笑)

今回は4t以下と大型とがデザインの差別化が大きく、デザインとしては不評な増トンとも違っていてやっと現代の大型らしくなったというのが自分の感想です。

いすゞの増トン

いすゞの増トン。
限りなくギガに近いフォワードだけど・・・。

ちゃんと全体が縦長になって、フロントガラスの縦幅が小さい比率や縦長のバンパーライトがボルボを思わせる感じ。スカニア似のグランドプロフィアと対照的。そりゃあ、ボルボに比べると、細部の造り込みが大雑把な気はするが…うん、悪くない♪

でも、昔の4tワイドみたいにフロントフェンダーが張り出してるけど、キャブ本体の幅がもしかして狭い!?そのせいで縦長に見えてるだけで、背が高いんじゃないの?(←結果的にコレ半分当たりでした

それとドアの形が不安。
現行フォワードはドアガラスのへり位置が高くて、窓から腕出して目視バック…ってのが出来なくないですか?あれと同じだったら困るなー。どうも同じような気がする。カメラあるからイイじゃん!ってコトなのでしょうか?

インテリア

見た感じ寝台が狭くなったっぽいけどどうなんでしょう。
旧型は寝台は割と広々使える感じなんですが(国産の寝台のサイズはどれも似たり寄ったりなので感覚的なもの)、長距離やるのに生活必需品が片付かないので、収納の少なさにはかなり困っていまして…メーカーサイトを見る限りでは、さらに収納が少なくなってる気が!

デザイン的にも好みが分かれそうです。
エルフとフォワードの内装が安っぽい!という声はよく聞くのですが、キャブデザインと同じコンセプトで直線を多用した四角いメーター周りは、シンプルで飽きが来なくてTAKAOは好きです。エルフは旧モデルより全然良くて、現行2tでは1番のお気に入りになったのも(それまでは、デュトロの方が凝っていて好きでした)あの内装デザインも理由のひとつ。毎日一緒に過ごしてると、飽きが来ないことの魅力が分かるもんです。

今回のギガも見た感じそういう四角い内装ですよね。
あらら、センターコンソールとダッシュボード繋がってなくて日野みたい…(TAKAOが大好きなグランドプロフィアで不満に感じる点はその形状の内装もひとつ)。
だいぶ日野と共通部品使ってる部分が多いのでそうなるのは仕方ないのかな?
コンソールボックスも前のと変わらない、後付けみたいな取って付けたような…?その前のトレイも無し。

旧ギガの方がまだ収納は使いやすかったと思います。クーラーボックスもあったしね♪

いすゞGIGA 収納

いすゞGIGA 収納はこれと助手席バイザー上だけ

エアコンやオーディオの部分は運転席向いてる角度になってはいるようだけど…う~ん微妙ですね。
…TAKAOは大型はふそうやUDみたいに、運転席グルっと取り囲む感じ(フルラウンド)にして欲しかったなぁ!

走りの性能

性能面ではどうでしょうか?
スムーサーはかなり使いにくいオートマでしたのでどれくらい進歩したのか不安。
いい加減マニュアル車にもスキャニングクルーズ(いすゞはミリ波レーダーって言うのか)を付けて欲しいんですけど…。
マニュアルトランスミッションの操作感が硬い、アクセルペダルがすぐ重くなるなど、改善して欲しい細かいトコが結構あったけどどうでしょう。

そう言えばグリルが6ホールになる前の4軸低床エアサス車は挙動が不安定でカーブがすごく怖かったんですが、旧モデル最終型は改善されてます。燃費もまぁまぁ。
静かさはそのままに、もちっと力に粘りがあるエンジンになってると嬉しいですね。
安全性能やブレーキ等、これまたメーカーサイトを見る限りでは目新しいモノは無いような…。

これで2000万円以上するのか…。

トータルで、顔は気に入ったけど走行性能を含めた使い勝手についてはちょっと不安なのが正直な感想です。もしかして…いやもしかしなくても、新しい設計はコストダウンのためだけ?

いすゞGIGA サイドビュー

いすゞGIGA サイドビュー